新潟県合同輸血療法委員会
sp

2019/1/8

No_176 新潟県輸血フォーラム2019開催のご案内

新潟県輸血フォーラム2019の開催日と会場をお知らせします。
プログラム等の詳細は後日ご案内いたします。

開催日:平成31年3月16日(土)
会 場:新潟医療人育成センター 4階ホール

皆様のご参加をお願い申し上げます。

sp

2019/1/8

No_175 血液製剤使用状況入力シートを「お役立ち情報」に掲載しました

血液製剤使用状況調査(BUCSシステム)のデータ入力画面と同じ様式の入力シートを「お役立ち情報」の「指針・ガイドライン・その他」に掲載しました。データ入力時にご活用ください。また、内科・外科・その他の科別分類の詳細も掲載しましたので参考にしてください。

sp

2018/12/27

No_174 血液製剤使用状況集計表(平成30年10月分)をアップしました

平成30年10月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました

【平成30年10月の概要】
・赤血球製剤の今月の使用量は8,234単位、前年同月比は103.9%。12ヵ月ぶりに100%越え。
・血小板製剤の今月の使用量は17,445単位(前年同月比は110.7 %)。
・血漿製剤の今月の使用量は253.92L(前年同月比95.4 %)。
・アルブミン製剤の今月の使用量は27,578 g(前年同月比89.7%)。
・自己血の今月の使用量は74.14 L(前年同月比107.1 %)。
・今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤2.43 % ( 205単位)、血小板製剤0.26 % ( 45単位)、血漿製剤1.90 % ( 4.9 L)、自己血6.08 % ( 4.8 L)

sp

2018/11/19

No_173 血液製剤使用状況集計表(平成30年9月分)をアップしました

平成30年9月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年9月の概要】
・赤血球製剤の今月の使用量は7,657単位、前年同月比は94.6%。100%割れは昨年11月から11か月連続。
・血小板製剤の今月の使用量は16,530単位(前年同月比は96.8 %)。
・血漿製剤の今月の使用量は250.92L(前年同月比97.8 %)。
・アルブミン製剤の今月の使用量は23,688 g(前年同月比82.9%)。
・自己血の今月の使用量は44.06 L(前年同月比73.2 %)。
・今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤1.61 % (125単位)、血小板製剤0.30 % (50単位)、血漿製剤2.24 % (5.8 L)、自己血16.98 % (9.0 L)。

sp

2018/10/23

No_172 血液製剤使用状況集計表(平成30年8月分)をアップしました

平成30年8月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年8月の概要】
・ 赤血球製剤の今月の使用量は7,867単位、前年同月比は95.0%。100%割れは昨年11月から10か月連続。
・ 血小板製剤の今月の使用量は16,105単位(前年同月比は94.4 %)。
・ 血漿製剤の今月の使用量は252.72L(前年同月比106.3 %)。
・ アルブミン製剤の今月の使用量は29,391.0 g(前年同月比92.3%)。
・ 自己血の今月の使用量は69.5 L(前年同月比88.3 %)。
・ 今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤1.65 % (132単位)、血小板製剤0.59 % (96単位)、血漿製剤0.94 % (2.4 L)、自己血14.15 % (11.45 L)。

sp

2018/10/10

No_171 『お役立ち情報』の『分科会での活動報告』に「輸血用血液製剤査定状況調査結果」を掲載しました

使用適正化班の「輸血用血液製剤査定状況調査結果」をアップしました

血液使用量新潟県上位30施設の診療報酬支払審査で査定された症例を調査し、更なる適正使用を推進するための値を算出しました。
各施設での適正使用にご活用ください。

sp

2018/9/14

No_170 血液製剤使用状況集計表(平成30年7月分)をアップしました

平成30年7月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年7月の概要】
・ 赤血球製剤の今月の使用量は7,864単位、前年同月比は93.7%で昨年11月から9か月連続の100 %割れ。
・ 血小板製剤の今月の使用量は14,835単位(前年同月比は92.7 %)。
・ 血漿製剤の今月の使用量は330.84 L(前年同月比155.5 %)。
・ アルブミン製剤の今月の使用量は23,584.7 g(前年同月比83.5%)。
・ 自己血の今月の使用量は67.3 L(前年同月比92.1 %)。
・ 今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤1.97 % (158単位)、血小板製剤0.47 % (70単位)、血漿製剤2.27 % (7.7 L)、自己血5.68 % (4.1 L)。

sp

2018/9/13

No_169 地域ミーティング開催のお知らせ

今年も地域ミーティングを開催します。
文書でのご案内に先立ってお知らせいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

地域ミーティング開催日程
 12/1 県立新発田病院 (下越会場)
 12/8 厚生連上越総合病院 (上越会場)
 1/19 厚生連長岡中央綜合病院 (中越会場)
 1/26 新潟大学医歯学総合病院 (新潟会場)
時間は14〜16時の予定です

sp

2018/8/16

No_168 血液製剤使用状況集計表(平成30年6月分)をアップしました

平成30年6月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年6月の概要】
・ 赤血球製剤の今月の使用量は7,997単位、前年同月比は97.9%で昨年11月から8か月連続の100 %割れ。
・ 血小板製剤の今月の使用量は14,725単位(前年同月比は98.2 %)。
・ 血漿製剤の今月の使用量は284.04 L(前年同月比89.9 %)。
・ アルブミン製剤の今月の使用量は25682.8 g(前年同月比95.4 %)。
・ 自己血の今月の使用量は78.3 L(前年同月比99.5 %)。
・ 今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤2.30 % (188単位)、血小板製剤0.41 % (60単位)、血漿製剤1.42 % (4.1 L)、自己血4.07 % (3.3 L)。

sp

2018/7/25

No_167 血液製剤使用状況集計表(平成30年5月分)をアップしました

平成30年5月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年5月の概要】
・ 赤血球製剤の今月の使用量は7,953単位、前年同月比は94.4%で7か月連続の100 %割れ。
・ 血小板製剤の今月の使用量は16,744単位(前年同月比は96.5 %)。
・ 血漿製剤の今月の使用量は252.24 L(前年同月比120.6 %)。6か月ぶりに100%越え。
・ アルブミン製剤の今月の使用量は28,102.3 g(前年同月比91.1 %)。
・ 自己血の今月の使用量は58.8 L(前年同月比72.2 %)。
・ 今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤2.38 % (194単位)、血小板製剤0.06 % (10単位)、血漿製剤3.40 % (8.9L)、自己血9.11 % (5.9L)。

sp

2018/6/27

No_166 血液製剤等に係る遡及調査ガイドライン(平成30年3月一部改正)をアップしました

血液製剤等に係る遡及調査ガイドライン(平成30年3月一部改正)と新旧対照表を「お役立ち情報」の「指針・ガイドライン・その他」にアップしました。
ガイドラインの後に続けて新旧対照表をつけましたのでご活用ください。

sp

2018/6/26

No_165 血液製剤使用状況集計表(平成30年4月分)をアップしました

平成30年4月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年4月の概要】
・ 赤血球製剤の今月の使用量は7,964単位、前年同月比は93.8 %で6か月連続の100 %割れ。
・ 血小板製剤の今月の使用量は15,385単位(前年同月比は89.6 %)。
・ 血漿製剤の今月の使用量は218.3 L(前年同月比77.0 %)。
・ アルブミン製剤の今月の使用量は28,101.5 g(前年同月比84.3 %)。
・ 自己血の今月の使用量は58.7 L(前年同月比92.1 %)。
・ 今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤1.88 % (153単位)、血小板製剤0.29 % (45単位)、血漿製剤1.54 % (3.4L)、自己血6.68 % (4.2L)。

sp

2018/6/4

No_164 血液製剤の使用指針(H30.3 一部改訂)をアップしました

平成30年3月に「血液製剤の使用指針」Z 新生児・小児に対する輸血療法が改訂されました。
「お役立ち情報」の「指針・ガイドライン・その他」に改訂版を掲載しました。

sp

2018/6/4

No_163 血液製剤使用状況集計表(平成30年3月)をアップしました

平成30年3月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年3月の概要】
・赤血球製剤の今月の使用量は8,205単位、前年同月比は94.8%で5ケ月連続の100%割れ。
・血小板製剤の今月の使用量は16,642単位(前年同月比は90.1%)。
・血漿製剤の今月の使用量は277.7L(前年同月比79.0%)。
・アルブミン製剤の今月の使用量は28,737.1g(前年同月比80.6%)。
・自己血の今月の使用量は80.1 L(前年同月比97.7%)。
・今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤2.27%(191単位)、血小板製剤0.45%(75単位)、血漿製剤0.81%(2.3L)、自己血7.77%(6.7L)。 

sp

2018/4/4

No_162 血液製剤使用状況集計表(平成30年2月)をアップしました

平成30年2月分の血液製剤使用状況集計表をアップしました。

【平成30年2月の概要】
・赤血球製剤の今月の使用量は7,652単位、前年同月比は99.5%で4ケ月連続の100%割れ。
・血小板製剤の今月の使用量は14,742単位(前年同月比は91.2%)。
・血漿製剤の今月の使用量は231.2L(前年同月比91.1%)。
・アルブミン製剤の今月の使用量は27,270.1g(前年同月比85.7%)。
・自己血の今月の使用量は67.6 L(前年同月比94.7%)。
・今月の廃棄率(量)は、赤血球製剤1.97%(154単位)、血漿製剤は2.43%(5.8L)、自己血は8.83%(6.6L)。 

このページのトップへ

←BACK

NEXT→

sp
sp